スマートフォン

「Galaxy Z Fold2」入門--サムスンの第2世代折りたたみ式スマートフォン

「Galaxy Z Fold2」はサムスンの新しい折りたたみ式スマートフォンだ。同社によると、旧モデルのヒンジなどの問題に対処し、生産性機能が追加されているという。

 サムスンは、垂直方向に折りたためるスマートフォンの第2世代モデルとなる「Galaxy Z Fold2」を発表した。2019年に発売された画期的なモデルと同様に、縦方向のヒンジを搭載し、内側と外側にスクリーンがある。報道によると、2019年モデルと比べてスクリーンが改善され、より傷がつきにくくなり、改良されたヒンジを備え、5G接続に対応するという。

 Galaxy Z Fold2は、見た目が重要な業界で働く人にとっては少し見栄えがするものになるが、ビジネスユース向けの折りたたみ式デバイスに対する懐疑的な見方は、このモデルでも消えることはないだろう。

 本記事では、サムスンのGalaxy Z Fold2についてビジネスパーソンが知っておくべきことを紹介する。

どんなものなのか

 Galaxy Z Fold2は、サムスン独自の折りたたみ式スマートフォンの第2世代モデルだ。垂直方向に折りたたむことができ、細長い前面スクリーンを開くと、内側に搭載されたほぼ正方形の7.6インチスクリーンが現れる。サムスンの別の折りたたみ式スマートフォンである「Galaxy Z Flip」は、水平軸で折りたたむモデルで、小さな正方形からフルサイズのスマートフォンになる。Galaxy Z Fold2は折りたたみ式スマートフォンの「ファブレット」バージョンで、Z Flipは通常のスマートフォンを折りたためるようにした製品と考えるのがいいだろう。

 Galaxy Z Fold2は初代モデルの改善を目指した製品であり、内部コンポーネントが強化され、新しい種類の折りたたみ式ガラススクリーンを搭載する。また、サムスンはヒンジについて、旧モデルの問題の多くに対処したと述べている。

 同社はGalaxy Z Fold2のビジネスデバイスとしての実用性を高めるため、多様な生産性機能も新たに追加した。しかし、サムスンの新しいスクリーンとヒンジ技術で第1世代モデルの問題が解決しないのだとしたら、生産性機能が追加されても価格(1999米ドル)に見合う価値はないかもしれない。

スペック

  • 内側のディスプレイ:7.6インチの極薄ガラス(UTG)折りたたみ式ディスプレイ、120Hzのリフレッシュレート
  • 外側のディスプレイ:6.2インチ、120Hzのリフレッシュレート
  • サイズ: 68.0×159.2×16.8mm(折りたたみ時)、128.2×159.2×6.9mm(展開時)
  • ストレージ:256GB
  • RAM:12GB
  • チップセット:「Qualcomm Snapdragon 865 Plus」
  • カメラ:12メガピクセルの超広角、広角、望遠レンズ、カバースクリーンの10メガピクセルセルフィーカメラ、内側のディスプレイの10メガピクセルセルフィーカメラ
  • ログインセキュリティ:電源ボタンに統合された指紋リーダー、顔認識
  • バッテリー:4500mAhのデュアルバッテリー(2155mAhと2345mAh)
  • 充電:有線と無線の急速充電に対応、「Wireless PowerShare」
  • ポート:USB-C(ヘッドホンジャックなし)
  • 接続機能:5G、Wi-Fi 6、NFC、GPS

第1世代からどのような点が改善されているのか

 Galaxy Z Fold2では、1年前のモデルからの標準的なアップグレードに期待される内部コンポーネントの強化以外にも、複数の機能強化があり、サムスンはこれによってデバイスの耐久性、信頼性、利便性が高まると述べている。

 1つ目の改善点は、内側の折りたたみ式スクリーンだ。初代「Galaxy Fold」では、このスクリーンが重大な弱点として挙げられることが多く、しわや亀裂、傷のつきやすさ、全体的なもろさがさまざまなレビューで指摘されていた。

 Z Fold2は、サムスンのUTGで作られた新しいスクリーンを採用している。Galaxy Z Flipのスクリーンと似ているが、再設計されたスクリーンはサムスンが主張するような画期的なものではない可能性がある。米TechRepublicの姉妹サイトの米CNETは、Z Flipの折りたたみ式スクリーンが依然として非常にもろいと指摘している。また、Z FlipのUTGスクリーンの強度をテストしたYouTube動画を見る限り、爪でひっかくと、やはり傷がつくようだ。これは、2000ドルという大金を払ってFold2の購入を検討している人にとって、安心できるような情報ではない。

 サムスンの製品管理とマーケティングを統括するSuzanne De Silva氏は、記者会見において、ガラスが改良されていると述べた。「デバイスのガラスを最適化し、これまで以上に頑丈にした」

 Fold2の外面の材質は、外側のディスプレイも含めて、「Gorilla Glass」の最新かつ最強のバージョンである「Victus」だ。したがって、内側のディスプレイは慎重に保護する必要があるかもしれないが、外側のディスプレイはかなり頑丈とみていいだろう。

 サムスンは、折りたたみ式スクリーンに使うUTGなどの素材の複数の層を配置し直して、スクリーンの感触に対処し、見たときや触れたときの「満足感を高めた」とも述べている。

サムスン「Galaxy Z Fold2」
サムスン「Galaxy Z Fold2」
提供:Samsung

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]