IaaS PaaS システムエグゼ 日本オラクル 日本マイクロソフト

「Oracle Cloud」と「Micrsoft Azure」を相互接続してマルチクラウドに移行

システムエグゼがオンプレミスの業務システムのマルチクラウド移行を進めている。「Oracle Cloud」東京リージョンと「Microsoft Azure」東日本リージョンを相互接続させる。

 システムインテグレーター(SIer)のシステムエグゼ(中央区)は、オンプレミスの業務システムのマルチクラウド環境移行を進めている。基幹システムをクラウドサービス「Oracle Cloud」に移行しつつ、フロント部分に「Microsoft Azure」を採用。相互に接続し、高速、安全、低遅延なマルチクラウド環境を構築したという。9月10日、日本オラクル(港区)が発表した。

 顧客管理システム(CRM)、従業員用ポータルサイト、ワークフローといった基幹システムにおける業務フローが複雑化。テレワーク需要や事業継続計画(BCP)環境拡充などへの対応とあわせて課題だったという。

 ユーザー数や環境数の増加に伴う運用コストも課題とする一方、クラウドサービス基盤は1社に集中していたという。新技術の導入、適材適所の機能拡張、コスト削減など、より最適な環境を模索できるマルチクラウドを検討したとしている。

 CRMをIaaS「Oracle Cloud Infrastructure」に移行。また、「Office 365」を活用できるテレワーク環境を拡充するため、クラウドベースのディレクトリサービス「Azure Active Directory(AD) 」、仮想デスクトップサービス(Desktop as a Service:DaaS)「Windows Virtual Desktop(WVD)」などを採用したという。

 Oracle Cloudの東京リージョンとMicrosoft Azureの東日本リージョンを相互接続し、両クラウドサービスを連携。CRM上のデータベースをAzureアプリケーションで高速、安全、低遅延に活用できるマルチクラウド環境を実現したという。

 通信キャリアとの契約不要、両クラウドサービスのポータル画面から設定でき、約半日で接続。クラウド環境全体も2週間で構築できたとしている。

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]