IaaS PaaS システムエグゼ 日本オラクル 日本マイクロソフト

「Oracle Cloud」と「Micrsoft Azure」を相互接続してマルチクラウドに移行

システムエグゼがオンプレミスの業務システムのマルチクラウド移行を進めている。「Oracle Cloud」東京リージョンと「Microsoft Azure」東日本リージョンを相互接続させる。

 システムインテグレーター(SIer)のシステムエグゼ(中央区)は、オンプレミスの業務システムのマルチクラウド環境移行を進めている。基幹システムをクラウドサービス「Oracle Cloud」に移行しつつ、フロント部分に「Microsoft Azure」を採用。相互に接続し、高速、安全、低遅延なマルチクラウド環境を構築したという。9月10日、日本オラクル(港区)が発表した。

 顧客管理システム(CRM)、従業員用ポータルサイト、ワークフローといった基幹システムにおける業務フローが複雑化。テレワーク需要や事業継続計画(BCP)環境拡充などへの対応とあわせて課題だったという。

 ユーザー数や環境数の増加に伴う運用コストも課題とする一方、クラウドサービス基盤は1社に集中していたという。新技術の導入、適材適所の機能拡張、コスト削減など、より最適な環境を模索できるマルチクラウドを検討したとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]