モバイル

「Chromebook」へのログインを特定ユーザーに制限するには

「Chromebook」に用意されている機能を使えば、ログイン可能なユーザーの制限が可能だ。この機能の使い方を解説する。

 自宅で仕事や勉強をするために低価格のノートPCを必要とする人が増加したことで、「Chromebook」の人気がますます高まっている。自宅や企業に存在する(そして、さまざまな遠隔地で使用される)Chromebookが増えたのなら、特定のノートPCを使用できるユーザーを制限した方がいい。それはなぜか。多くのChromebookはローカルストレージの容量が少ないので、デバイスへのログインを多くのユーザーに許可したせいで、内部ドライブの空き容量がなくなったり、デバイスが不純な目的で使用されたりするリスクは避けた方がいい。

 どうすればそうした事態を防げるのだろうか。

 Chromebookにログイン可能なユーザーを制限できる機能が用意されている。この機能は、実際には非常に使いやすく、ChromebookにGoogleアカウントを追加できるユーザーを制御することが可能だ。このオプションには、ログインを自分のアカウントだけに制限できるボーナス機能がある(筆者はそれを目当てに使用している)。その機能を利用すれば、ほかの誰もGoogleアカウント(もちろん、あなた自身のアカウントは除く)であなたのChromebookにログインできなくなる。原則的には、パスワードを他人に渡さない限り、あなたとそのGoogleアカウント以外はChromebookにログインできない状態を維持できる。

 本記事では、この機能の使い方を解説する。

必要なもの

 この機能は実際にはかなり前から存在しているため、ほとんどのChromebookでこのオプションを利用できるはずだ。もちろん、Chromebookとログインに使用するGoogleアカウントが必要である。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1153文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]