オフィスソフト

「Excel」のピボットテーブルをフィルタリング--より柔軟にデータを絞り込むには

「Excel」のピボットテーブルは、データの集計や分析に便利な機能だ。ここでは、特定の情報に焦点を合わせるために、ピボットテーブルの値を絞り込む方法を紹介する。

 「Microsoft Excel」のピボットテーブルは、データの整理や分析に便利だ。この機能について知れば知るほど、より有効に活用できるようになる。たとえば、ピボットテーブルのフィルタリングは特定の情報に焦点を合わせるための優れた手段であり、多くのユーザーがこの機能をダッシュボードに追加している。幸いにも、ピボットテーブルのフィルタリングは簡単だ。本記事では、これを実行する方法を2つ紹介する。

 筆者は「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使ってもかまわない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもいい。ピボットテーブルツールは、ブラウザー版でも完全にサポートされている。

 本記事では、基本的なピボットテーブルの作成方法を理解している前提で説明を進めるが、サンプルのピボットテーブルの作成手順も紹介する。基本事項を十分に理解していない人は、先に「『Excel』ピボットテーブルの基本--『データ』を有意義な『情報』に変換」を読んでおくといいだろう。

Excelのピボットテーブル

 フィルタリングを始める前にピボットテーブルを作成する必要がある。そこで、図Aに示すピボットテーブルを、同じシート内のデータから作成してみよう。これを行うには、データセット内の任意の場所をクリックして、以下の手順を実行する。

  1. 「挿入」タブをクリックして、「テーブル」グループ内の「ピボットテーブル」をクリックする。
  2. 表示されたダイアログで、「既存のワークシート」オプションをクリックして、データとピボットテーブルが同時に表示されるようにし、「場所」に「F1」と入力する(図B)。
  3. 「OK」をクリックすると、ピボットテーブルの枠とフィールドリストが表示される。
  4. 図Cを参考にして、図Aのピボットテーブルを作成する。

図A

このピボットテーブルを作成する。
このピボットテーブルを作成する。

図B

データを特定する。
データを特定する。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]