開発ツール

「C++」が最も急成長している開発言語に--2020年9月のTIOBE指標

TIOBEの人気プログラミング言語リストにおいて、「C++」は2019年と比べて最も急速に成長している言語となった。

 「C++」は昔から人気の浮き沈みが激しい。しかし、ソフトウェアQAの自動化を手がけるTIOBEの人気プログラミング言語のリストにおいて、C++は2019年の状態との比較から、正式に最も急速に成長している言語になった。2020年9月の最新の「Programming Community」指標で、TIOBEはC++を7.11%の評価を与えた。これは2019年9月に比べて1.48%の増加であり、すべての言語の中で2020年9月最大の上げ幅となった。

 C++の波瀾万丈の歴史を振り返って、TIOBEは2003年8月が同言語のピークだったと述べた。C++は同月、17.53%の評価を得て2位になり、その勢いで2003年のプログラミング言語賞を受賞した。しかし、その後は下降線をたどった。

 2005年以降、C++は12%を突破しておらず、2017年には4.55%という過去最低の評価を受けた。不安定な2019年を経て、同言語の人気が再燃しているようだ。TIOBEはその理由について、1つの見解を提示している。

提供:TIOBE
提供:TIOBE

 「新しい『C++20』標準が主な理由の1つではないだろうか」とTIOBEの最高経営責任者(CEO)であるPaul Jansen氏は最新のレポートで述べている。「特に、ひどいインクルードに取って代わる仕組みとしてモジュール機能が導入されたことが理由だろう。C++は成長トレンドにある『R』(+1.33%)や『C#』(+1.18%)などの言語を上回っている」(Jansen氏)

 逆に、「Java」の人気は低下しており、2019年9月と比べて3.18%減少した。この下げ幅は、2020年9月の指標で最も大きい。しかし、人気の低下にもかかわらず、Javaは「C」に続く2位の座を維持しており、「Python」、C++、C#、「Visual Basic」「JavaScript」「PHP」、R、「SQL」を上回っている。

 毎月更新されるTIOBEのProgramming Community指標は、プログラミング言語の人気を測定する。TIOBEが強調するように、この指標は、最高のプログラミング言語や最もコード行数の多いプログラミング言語を反映したものではなく、特定の言語の熟練エンジニアや講座、サードパーティーベンダーの数、さらに、Googleや「Bing」、Yahoo、Wikipedia、Amazon、YouTube、Baiduなどの人気検索エンジンのヒット件数に基づいて算出されている。

 この指標は、開発者にとっても便利なものであり、自分のプログラミングスキルが最新のものであるかチェックしたり、新しいソフトウェアプロジェクトに取り掛かる際に採用すべき言語を決めたりするときに役立つ。

提供:iStock/monsitj
提供:iStock/monsitj

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]