開発ツール

「C++」が最も急成長している開発言語に--2020年9月のTIOBE指標

TIOBEの人気プログラミング言語リストにおいて、「C++」は2019年と比べて最も急速に成長している言語となった。

 「C++」は昔から人気の浮き沈みが激しい。しかし、ソフトウェアQAの自動化を手がけるTIOBEの人気プログラミング言語のリストにおいて、C++は2019年の状態との比較から、正式に最も急速に成長している言語になった。2020年9月の最新の「Programming Community」指標で、TIOBEはC++を7.11%の評価を与えた。これは2019年9月に比べて1.48%の増加であり、すべての言語の中で2020年9月最大の上げ幅となった。

 C++の波瀾万丈の歴史を振り返って、TIOBEは2003年8月が同言語のピークだったと述べた。C++は同月、17.53%の評価を得て2位になり、その勢いで2003年のプログラミング言語賞を受賞した。しかし、その後は下降線をたどった。

 2005年以降、C++は12%を突破しておらず、2017年には4.55%という過去最低の評価を受けた。不安定な2019年を経て、同言語の人気が再燃しているようだ。TIOBEはその理由について、1つの見解を提示している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約804文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]