購買・調達 EAI/ESB アステリア

「ASTERIA Warp」と「EDIFAS」をノーコードで連携--EDI2024年問題に対応

データ連携ソフト「ASTERIA Warp」とクラウド型EDI「EXtelligence EDIFAS」の連携をノーコードで実現できるという専用アダプター「EDIFASアダプター」の提供が開始した。

 アステリア(品川区)とエクス(大阪市北区)は9月9日、データ連携(EAI/ESB)ソフトウェア「ASTERIA Warp」とクラウド型電子データ交換(EDI)「EXtelligence EDIFAS」の連携をノーコードで実現できるという専用アダプター「EDIFASアダプター」の提供を開始した。

 2024年にISDNの終了が予定されており、「EDI2024年問題」への対応が課題となっている。

 エクスが提供するEDIFASは、中小企業庁が推奨する、電子取引のデータ形式を共通化する規格「中小企業共通EDI」に準拠。月額2000円から利用できるクラウドサービス型のEDI。

 EDIFASはこれまで外部システムとの連携でCSV出力やREST APIを利用していたが、既存システムとよりスマートに連携するためにASTERIA Warp専用のEDIFASアダプターを開発。ASTERIA WarpとEDIFASがシームレスにつながることでノーコードでさまざまなシステムと連携できるようになるという。ユーザー企業はEDIFASの連携APIを意識せずに画面上で設定するだけでシステムを連携できるとしている。

 EDIFASアダプターでは、見積依頼や発注、仕入検収などのデータをEDIFASにアップロード可能であり、見積回答や発注回答、出荷などのデータをダウンロードできる。税別の月額利用料は1万円~。別途ASTERIA Warpのライセンス料やEDIFASのサービス料金が必要。

EDIFASアダプターを利用したASTERIA Warpとの連携イメージ(出典:アステリア)
EDIFASアダプターを利用したASTERIA Warpとの連携イメージ(出典:アステリア)

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]