開発ツール システムインテグレータ

プログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」開催--10月11日までエントリー可能

90分間で4つの課題に挑むプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」が10月に開催される。「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部」「高校、中学、小学の部」の3部門構成。参加費は無料。

 10月24日、企業や学校対抗のプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」が開催される。プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC(トップシック)」を活用し、90分間で4つのプログラミング課題に挑む。参加費は無料。システムインテグレータ(さいたま市中央区)が主催する。

 3人を一つのチームとし、「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部」「高校、中学、小学の部」の3部門いずれかを選択。PG BATTLE 2020のエントリーは10月11日まで。結果発表会は10月31日を予定している。

 各人それぞれが種類、難易度が異なる「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」に取り組み、300点満点の合計点で競いあう。同点の場合は解答時間で順位を決定。本人には個人順位も通知するという。

 第1回、第2回に引き続き、第3回目となる今回も自宅や自席からインターネット経由で競いあうオンライン形式を採用する。

 賞品は参加部門ごとに、1位がAmazonギフト券24万円分。2位は12万円、3位は6万円。そのほか各部門ごとに飛び賞も用意する。

PG BATTLE 2019の上位チーム(出典:システムインテグレータ) PG BATTLE 2019の上位チーム(出典:システムインテグレータ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 PG BATTLEは、2018年11月17日に第1回を開催。2019年9月28日にオンラインで開催した第2回「PG BATTLE 2019」は、444チーム、1332人が参加している。

 第2回では、2019年10月5日に結果発表会を開催し、クレディセゾン最高技術責任者(CTO)の小野和俊氏、MicrosoftでCloud Developer Advocateを務める千代田まどか (ちょまど) 氏、競技プログラミングコンテストサイト「AtCoder」を運営するAtCoderの代表取締役社長を務める高橋直大氏が登壇。YouTubeでライブ配信され、1230人が聴講したという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]