開発ツール システムインテグレータ

プログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」開催--10月11日までエントリー可能

90分間で4つの課題に挑むプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」が10月に開催される。「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部」「高校、中学、小学の部」の3部門構成。参加費は無料。

 10月24日、企業や学校対抗のプログラミングコンテスト「PG BATTLE 2020」が開催される。プログラミングスキル判定サービス「TOPSIC(トップシック)」を活用し、90分間で4つのプログラミング課題に挑む。参加費は無料。システムインテグレータ(さいたま市中央区)が主催する。

 3人を一つのチームとし、「企業の部」「大学&大学院、高専、専門学校の部」「高校、中学、小学の部」の3部門いずれかを選択。PG BATTLE 2020のエントリーは10月11日まで。結果発表会は10月31日を予定している。

 各人それぞれが種類、難易度が異なる「ましゅまろ」「せんべい」「かつおぶし」に取り組み、300点満点の合計点で競いあう。同点の場合は解答時間で順位を決定。本人には個人順位も通知するという。

 第1回、第2回に引き続き、第3回目となる今回も自宅や自席からインターネット経由で競いあうオンライン形式を採用する。

 賞品は参加部門ごとに、1位がAmazonギフト券24万円分。2位は12万円、3位は6万円。そのほか各部門ごとに飛び賞も用意する。

PG BATTLE 2019の上位チーム(出典:システムインテグレータ) PG BATTLE 2019の上位チーム(出典:システムインテグレータ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 PG BATTLEは、2018年11月17日に第1回を開催。2019年9月28日にオンラインで開催した第2回「PG BATTLE 2019」は、444チーム、1332人が参加している。

 第2回では、2019年10月5日に結果発表会を開催し、クレディセゾン最高技術責任者(CTO)の小野和俊氏、MicrosoftでCloud Developer Advocateを務める千代田まどか (ちょまど) 氏、競技プログラミングコンテストサイト「AtCoder」を運営するAtCoderの代表取締役社長を務める高橋直大氏が登壇。YouTubeでライブ配信され、1230人が聴講したという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]