新興技術 AI・機械学習

ガートナー「ハイプサイクル」レポート2020年版--注目の5つの先進技術

ガートナーの「Hype Cycle for Emerging Technologies」レポートの2020年版が発表された。特に注目すべき新技術として、「シチズンツイン」「コンポーザブルエンタープライズ」など5つを取り上げる。

 「ヘルスパスポート」により、デジタルツイン技術が人間に適用されるようになる。企業は「コンポーザブルエンタープライズ」によって、新型コロナウイルスのパンデミックの中で俊敏性を維持することが可能になる。25年目となるGartnerの年次レポート「Hype Cycle for Emerging Technologies」では30種類のテクノロジーが取り上げられたが、その多くがCOVID-19の影響を受けている。

 Gartnerのリサーチ担当バイスプレジデントのBrian Burke氏は、新しいテクノロジーの市場浸透度が1年足らずで20%に達したのは、同レポートの歴史で初めてのことだと述べた。中国とインドはヘルスパスポートを活用したモバイルアプリによって、利用者の感染リスクの度合いを可視化している。赤はCOVID-19への感染が確認されたことを示す。黄色は隔離する必要があることを示し、緑は自由に移動できることを意味する。

 「両国は人口が多いため、市場浸透度が6カ月足らずで20%に達したテクノロジーが初めて登場した」(Burke氏)

 ヘルスパスポートは、「シチズンツイン/デジタルミー」という大きなトレンドの一部だ。Gartnerは今回のハイプサイクルレポートで全体的なトレンドを5つ特定したが、興味深い情報は詳細を見なければ分からない。同レポートで押さえておくべきは、以下の5つの用語だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4226文字 ログインして続きを読んでください。

「新興技術」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]