クラウドサービス 周辺機器

MS「Universal Print」--プリンターの容易な管理を可能にするクラウド印刷サービス

「Universal Print」は、マイクロソフトのクラウドベースの印刷サービスだ。「Azure」上で実行され、多くのケースでローカルインフラストラクチャーが不要になる。現在はパブリックプレビュー版が提供されている。

 Googleのクラウド印刷サービスは2020年末に終了する予定だが、代わりに「Microsoft 365」の「Universal Print」サービスを使用できるようになる。2020年に発表されたこのサービスは現在、パブリックプレビュー段階にある。

 Universal Printは、Microsoft顧客のクラウド移行を支援するためのサービスだ。複数の専用「Windows Server」インストールを維持して、少々扱いにくい「Hybrid Cloud Print」を実行する必要はない。完全に「Microsoft Azure」上で実行され、「Azure Active Directory」(Azure AD)を使用するため、ほとんどのケースでローカルインフラストラクチャーは不要だ。印刷キューは「Office 365」テナントに格納され、プリンター管理APIは「Microsoft Graph」を使用する。印刷ジョブは、標準ベースのインターネット印刷プロトコル(IPP)によって同サービスとの間で送受信される。

Universal Print(現在はパブリックプレビュー段階)を利用すると、自社の印刷インフラストラクチャーをMicrosoftのクラウドサービスで管理できる。
Universal Print(現在はパブリックプレビュー段階)を利用すると、自社の印刷インフラストラクチャーをMicrosoftのクラウドサービスで管理できる。
提供:Microsoft

 「クラウドへの移行を試みているが、それによって印刷が難しくなったという顧客の声を何度も聞かされて、Universal Printを開発した。顧客は必ずしもオンプレミスの印刷サーバーを維持したいわけではないが、ユーザーは今も印刷をしているため、接続、認証、各種の管理機能を必要としていた」。Microsoftのプリンシパル・グループ・プログラム・マネージャーのKristin Carr氏は米TechRepublicにこう語った。「印刷は減少しておらず、実際には増加している」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3239文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]