セキュリティ クラウドサービス

パブリッククラウドのセキュリティ--最も懸念されるのは設定ミス

Check Pointの調査によると、パブリッククラウドのセキュリティリスクとして挙げられたもので最も多かったのは、クラウドプラットフォームの設定ミスだったという。

 パブリッククラウド市場は今後、成長が拡大する見通しだ。Gartnerの最近のレポートによると、パブリッククラウドサービスの市場は2020年に6.3%成長する見通しだという。ただし、企業にとって、クラウドの導入には、リスクと問題が伴う。Check Pointは先ごろ、年次の「2020 Cloud Security Report」をCybersecurity Insidersと共同で発表した。この調査では、世界中のパブリッククラウド導入をめぐるサイバーセキュリティの課題の数々が浮き彫りになった。

 「このレポートでは、組織によるクラウドの移行と導入が、攻撃や侵害から自分たちを守るセキュリティチームの能力を上回るペースで進んでいることが明らかになった。既存のセキュリティソリューションは、クラウドの脅威に対して、限定的な保護しか提供しない。多くの場合、チームには、セキュリティやコンプライアンスのプロセスの改善に必要な専門知識が不足している」とCheck Point Softwareのクラウド製品ラインの責任者であるTJ Gonen氏はプレスリリースで述べている。

レポートの要点

 調査に回答したサイバーセキュリティ担当者のうち、4分の3(75%)はパブリッククラウドのセキュリティについて、「極めて懸念している」または「非常に懸念している」と述べた。回答者がパブリッククラウドの主なセキュリティリスクとして挙げたものの中で最も多かったのは、クラウドプラットフォームの設定ミスだった。興味深いことに、設定ミスは2019年のレポートでは主な脅威のランキングの3位だった。パブリッククラウドサービスのセキュリティリスクトップ4の残りとしては、クラウドへの不正アクセス、安全でないインターフェース、アカウントの乗っ取りが順にランクインしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1081文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]