ウェブ会議 周辺機器 ヤマハ

ヤマハ、遠隔会議向け音響システム--会議室に設置して発言を聞きやすく

ヤマハは遠隔会議向け音響システム「ADECIA」を2021年1月から提供する。既存のラインアレイスピーカーとL2スイッチに新製品のシーリングアレイマイクと専用プロセッサーを組み合わせる。

 ヤマハは9月2日、遠隔会議向け音響システム「ADECIA(アデシア)」を発表。2021年1月から提供する。企業の会議室や教育施設、政府機関やホテルなどでの利用を想定している。

 既存製品である「Dante」とPower over Ethernet(PoE)に対応するラインアレイスピーカー「VXL1-16P」とL2 PoEスイッチ「SWR2311P-10G」に、新製品であるシーリングアレイマイク「RM-CG」、遠隔会議用プロセッサー「RM-CR」を組み合わせた。税別価格はRM-CGが60万円、RM-CRが24万円。

 日本や北米、欧州で出荷し、販売比率は国内2割、海外8割。初年度の売り上げは2000セットを目標にしている。8月26日に開かれた記者会見で音響事業本部 コミュニケーション事業部長 池松伸雄氏は「ビジネスを加速させるのは音であるとの信念で取り組む」と説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1429文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]