AI・機械学習

自然言語処理入門--コンピューターが人間の発話を聞き取って処理するための技術とは

自然言語処理(NLP)は、コンピューターが人間の言葉を聞き取って理解し、処理する技術だ。NLPの基本、現在の課題、考えられる用途、導入方法などについて解説する。

 「スタートレック」の宇宙船に搭載されたコンピューターのように、話しかけると内容を理解するだけでなく返事をするというコンピューターがSFの世界だけに存在していた時代は、それほど昔のことではない。24世紀の宇宙船エンタープライズ号のテクノロジーが、21世紀に現実となったのは、自然言語処理(NLP)のおかげだ。機械学習を用いるこの技術により、コンピューターは話し言葉や書かれた文字を理解して処理し、応答する能力を獲得する。

 誤解しないでほしいが、NLPは複雑な分野であり、学習には長い年月がかかる可能性がある。この入門記事では、NLPに関する基本事項を紹介して、企業にとっての利点を詳しく説明し、導入を開始する方法を解説する。

どんなものなのか

 自然言語処理(NLP)は、コンピューターが人間の言葉を聞き取って処理し、理解して再現できるようにするための学際的なアプローチだ。NLPのプロセスには、言語学やコンピューターサイエンス、機械学習などの分野が関わっている。これまでの成果は、デジタルアシスタント、チャットボット、リアルタイム翻訳アプリ、言語を使用するその他のソフトウェアなどで活用されている。

 コンピューターに言語を理解させて使用させるという概念は、新しいものではない。その起源はおそらく、アラン・チューリングの1950年の論文「Computing Machinery and Intelligence」にまで遡るだろう。この論文から生まれたアイデアが、チューリングテストだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4512文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]