開発ツール セキュリティ

セキュリティ管理者が学ぶべきプログラミング言語5選--保護の自動化などに有効

セキュリティ担当者はサイバー攻撃との厳しい戦いを強いられている。ここでは、保護の自動化や悪意あるコードの特定に役立つプログラミング言語を5つ紹介する。

 サイバーセキュリティは現在、ITにおいて最も急速に成長している分野だ。全世界のインフラストラクチャーを保護して通信の安全を守る重大な必要性があるほか、データの機密性と完全性を維持しつつ可用性を確保しなければならず、すべてのシステムのあらゆる側面が、攻撃者を阻止する最大限のセキュリティ保護に依存している。

 コンピューターセキュリティの世界には、「ハッカーは一度だけ成功すれば目的を果たせるが、われわれは一度の失敗も許されない」という格言がある。サイバーセキュリティ担当者が直面する終わりのない厳しい戦いを考えると気が滅入るが、この格言は100%正しい。これは、セキュリティ管理者が自らの職務と不可分の要素として認識し、理解するようになったことでもある。

 コンピューターセキュリティのキャリアを積み重ねるにつれて、重要なインフラストラクチャー、アプリケーション、ソフトウェアを保護する必要性が急激に増大していく。以下で紹介するプログラミング言語は、防御タスクの自動化、バグや悪意あるコードの特定に効果的な侵入テストの実行、セキュリティホールを修復するコードの記述などに利用できるため、セキュリティ管理者はより賢く作業して負担を軽減することができるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2564文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]