勤怠管理・労務管理 キヤノンITソリューションズ

CLINKS、「テレワークサポーター」で在宅勤務管理を効率化--働き過ぎ防止にも

システム開発業のCLINKSは、在宅派遣エンジニアの管理に「テレワークサポーター」を導入。労務管理の効率化と顧客からの信頼獲得に成功している。

 CLINKS(中央区、従業員数約740人)は、ITエンジニアの派遣を中心に、ウェブシステムの受託開発や自社アプリ開発、技術者教育事業などを手掛けている。

 2017年から、エンジニアを在宅勤務の正社員として採用し、テレワークにより企業に派遣する「テレスタ」という事業を開始した。現在は35人のエンジニアが、フルタイムの在宅派遣エンジニアとして活躍している。

テレワークサポーターで働く時間を可視化

TBE事業部長の疋田氏
TBE事業部長の疋田氏

 同社では2016年10月からテレワークを事業化するプロジェクトを開始し、社内の様々な部署でテレワークを取り入れ、メリット、デメリットの検討を進めていた。その際に課題となったのが労務管理、特に勤務時間の透明性だった。

 同社 テレワークビジネスエッセンシャル(TBE)事業部 部長 疋田大輔氏は、「テレワークでは、出退勤をチャットベースで自己申告することが一般的です。しかし派遣事業では、顧客に対して労働時間を証明するために、より高い信頼性が必要でした」と語る。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2019文字 ログインして続きを読んでください。

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]