購買・調達

調達がボトルネック--FAのミスミ、加工部品調達オンデマンドサービス刷新

ミスミグループは機械加工部品調達オンデマンドサービス「meviy」を7月中旬から全面刷新。「紙を媒介にしている調達が製造業の生産性向上のボトルネック」という事態を解消できるという。

 製造装置や生産自動機などに利用する精密機械やFA事業プレス部品、金型に組み込む精密部品を取り扱う金型部品を製造するミスミグループ本社(文京区、連結従業員数1万2138人)は機械加工部品調達オンデマンドサービス「meviy(メヴィー)」を7月中旬から全面刷新。8月25日に記者会見を開催した。

 同社は資本金3億円以下の法人または常時使用する従業員の数が300人以下の製造系法人に対して、meviyラピッドプロトタイピングやFAメカニカル部品、金型部品を最大10万円まで無償提供する「meviyものづくり中小企業支援」を同日から開始。12月末まで提供する(支援を決定した法人数が100に達した時点で終了)。

ミスミグループ本社 常務執行役員 兼 3D2M企業体社長 吉田光伸氏
ミスミグループ本社 常務執行役員 兼 3D2M企業体社長 吉田光伸氏

 常務執行役員で3D2M企業体社長 吉田光伸氏は「日本製造業の競争力強化、コロナ禍から復興するきっかけにつなげてほしい」と説明する。

 日本生産性本部の調査によれば、日本の製造業における労働生産性は2000年まで経済協力開発機構(OECD)加盟国中1位を保持してきたが、2005年には8位、2010年には11位、2017年には21位と下落の一途をたどる。

 ミスミグループ本社が従業員300人以下、資本金3億円以下の製造系中堅中小企業を対象に8月に調べた実態調査(n=1030)によれば、業務従事時の時間不足を感じる割合は成長企業が24%、非成長企業は54%。

 成長のために取り組んでいるツールを複数回答で尋ねると、成長企業と非成長企業がともにデジタルツールを活用。内訳を見るとテキストチャットやオンライン会議、データ管理といったものが並ぶ。さらに成長企業ほど既存の製品やサービスの高付加価値化、新製品や新サービスの開発、新分野へ進出する割合が高い。

 この結果に対して吉田氏は「成長企業はデジタルツールを使いこなして、労働生産性向上から時間創出につなげていた。付加価値向上のために注力し、好業績を実現している」と分析する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1576文字 ログインして続きを読んでください。

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]