OS アプリケーションサーバー ミドルウェア 開発ツール 開発支援

メインフレームやオフコンなどの“レガシー”が稼働する理由と対応策を考える

メインフレームやオフィスコンピューターなどのレガシーは日本企業でも多く稼働している。レガシーであるが故に、企業のビジネスに影響をもたらすようにもなっていることは明らかだ。

 日本企業の多くで今でもメインフレームやオフィスコンピューター(オフコン、ミッドレンジコンピューターとも呼ばれる)、UNIXなどのいわゆる“レガシー”なシステムが稼働している。

 しかし、レガシーであるが故に、企業のビジネスに影響をもたらすようにもなっていることは明らかだ。また。なぜ、レガシーなシステムが今でも現役なのかを考えると、その対応方法も検討し直す必要があるかもしれない。

 現在はパブリッククラウドやサーバーレスなどの選択肢があるので、それらを活用して、レガシーなシステムを効率的にモダナイズすることも可能だ。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]