バックアップ Acronis AG(アクロニス・ジャパン)

バックアップソフト「Acronis True Image」最新版、マルウェア対策機能を搭載

マルウェア対策機能を統合したバックアップソフト「Acronis True Image 2021」の提供が開始。「専任の情報システム管理者を用意できない小規模の企業は1つのコンソールから(複数PCを)管理できる」という。

 昨今は個人事業主に限らず、コロナ禍で自宅から“私的端末の業務利用(Bring Your Own Device:BYOD)”によるリモートワークが増えているが、夏秋氏は「PCが動作しなくなった場合でも、インスタントリカバリー機能を使えば、異なるPCでも復元できる」とリモートワーク環境の業務継続性を維持できると強調する。なお、バックアップに関する新機能としては、クラウドへバックアップしたデータへアクセスするウェブサイトの刷新や新バックアップ形式「Archive3」の実装も加わった。

Windows版とmacOS版の機能差(出典:アクロニス) Windows版とmacOS版の機能差(出典:アクロニス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 True Image 2021は買い切り型の「永続ライセンス」と、年単位のサブスクリプション「Essential」「Advanced」「Premium」を用意する。大きな差異として永続ライセンスとEssentialは、90日間のマルウェア対策機能が付与。無償使用期限終了後はAdvancedやPremiumへのアップグレード、もしくはマルウェア対策機能の無効化いずれかを選択しなければならない。また、クラウドバックアップ機能はAdvancedが250GBか500GB、Premiumが1TBのストレージ容量が提供される。

 永続ライセンス版の税別価格は5982円から。サブスクリプションのEssentialの価格は年5580円から(アクロニスオンラインストアのみ)。Advancedは年間の税別価格が5074円から、Premiumの年間の税別価格が1万167円から。

 機能差のあるEssentialとAdvancedの価格が逆転している理由として夏秋氏は「Essential版は永続ライセンス版と同等だが、(Essential版は)ECサイトのみで販売。新しいAcronis True Imageの新機能を使ってほしいとの思いから、店頭販売するエディションの価格を据え置きした」と説明している。

True Image 2021のエディション構成(出典:アクロニス) True Image 2021のエディション構成(出典:アクロニス)
※クリックすると拡大画像が見られます

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]