PC・モバイル

Device as a Serviceが牽引する新たなビジネス変革--利点や課題、リースとの違い

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受けて強みを増しているテクノロジートレンドは、デジタル変革と在宅勤務の拡大だけではないのかもしれない。Device-as-a-Service(DaaS)もビジネスIT市場で勢いを増している。

 2020年の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受けて強みを増している大きなテクノロジートレンドは、デジタル変革と在宅勤務の拡大だけではないのかもしれない。購入も設定も管理も不要でハードウェアを利用できるDevice-as-a-Service(DaaS)モデルも、この6カ月間にビジネスIT市場で勢いを増している。

 Accentureが先頃発表したレポートによると、2015年の時点では、DaaSでハードウェアを利用できるオプションを提供する主要なPCメーカーは皆無だったという。しかし、2019年までに状況は劇的に変化し、主要なPCメーカーの65%がDaaSオプションを顧客に提供するようになった。

 PCメーカーやそのほかのハードウェアサプライヤーは、今後も消費者の期待や要求に応えていきたいのなら、DaaS事業に進出する必要がある、とAccentureの「Everything-as-a-Service」プラクティスのリーダーであるKevin Dobbs氏は考えている。

 DaaSでは、ベンダーはノートPCやデスクトップPC、そのほかのデバイスをあらかじめ設定して、生産性アプリケーションやセキュリティアプリケーション、付加価値サービスでカスタマイズし、企業や消費者の顧客向けに準備する。企業は、これまでのようにデバイスを買い取るのではなく、消費モデルで料金を支払う。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2353文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]