スマートフォン チャット eラーニング AI・機械学習 富士通

日本生命、営業職員5万人に富士通製スマホ--チャットボットで問い合わせ効率化

日本生命は営業職員5万人にスマートフォン「ARROWS M359」を支給する。チャットボットや教育プラットフォーム、営業支援といった社内システムへのアクセス端末として活用する。

 日本生命保険相互(日本生命、大阪市中央区、従業員数7万1871人)は、法人向けスマートフォン「FUJITSU Smartphone ARROWS M359」約5万台を全国の営業職員向けに採用。

ARROWS M359(出典:富士通)
ARROWS M359(出典:富士通)

 チャットボットや教育プラットフォームなどのサービスと併用し、営業活動の高度化、業務効率化を実現するという。8月12日、富士通が発表した。

 富士通コネクテッドテクノロジーズが開発、防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)性能に加え、汚れた場合は洗剤で洗えるというARROWS M359と、チャットボット、教育プラットフォーム、営業支援の3種類のサービスを活用すると説明。

 チャットボットサービスは、富士通の人工知能(AI)「Zinrai」を活用する「CHORDSHIP(コードシップ)powered by Zinrai」を搭載。電話などで社内担当者に問い合わせていた保険商品、契約の内容、払い込み日程などをチャットボットで確認できるという。

 回答内容は特別なプログラミング技術不要でチューニング可能なため、日本生命でコントロールできるという。新商品や新制度にも素早く対応しつつ、社内確認を効率化できるとしている。

 教育プラットフォームは、富士通が8月7日に発表した金融分野の営業職員向けサービス「FUJITSU Finplex アドバンスドチーミングエクスペリエンスサービス powered by UMU」を搭載する。

教育プラットフォームサービス概要イメージ(出典:富士通)
教育プラットフォームサービス概要イメージ(出典:富士通)

 移動中や隙間時間にスマホで学習できるほか、AIで受講者一人ひとりを分析可能。個人にフォーカスした教育プログラムを提供できるという。

 管理者は受講者の進捗状況確認に加え、エリア、テーマ、スキルなどでグルーピングできる。また、朝礼、日報、会議やアンケートなど、双方向のコミュニケーション機能もあるとしている。

 営業支援アプリでは、スケジュールや業務状況をセキュアに共有できるという。営業職員の似顔絵自動生成なども可能。顧客とのコミュニケーションを円滑にできるとしている。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]