ウェブ会議 NTTコミュニケーションズ

NTT Com、仮想オフィス「NeWork」を8月末から--リモートでも気軽な雑談を再現

NTTコミュニケーションズは、仮想オフィスサービス「NeWork」を発表した。無料で利用できる。ログインしておくことで同じオフィスにいるかのようにチームやプロジェクトのメンバーに話しかけられるという。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月11日、仮想オフィスサービス「NeWork(ニュワーク)」を発表した。無料で利用できる。同日から事前登録の受け付けを開始、8月31日から提供する。

 従来のウェブ会議では難しかった、立ち話感覚での相談や雑談などを活性化できるように設計されたというコミュニケーションツール。NeWorkにログインしておくことで同じオフィスにいるかのようにチームやプロジェクトのメンバーに話しかけられるという。

 PCのウェブブラウザからログインして、自分の居場所にあたる“ワークスペース”に入る(最大50人まで参加可能)。ワークスペース内にはプロジェクトや話題ごとに“バブル”を作ることができ、このバブルが仮想的な部屋(会話スペース)として機能する。

 バブルに参加しているときは、常に接続された状態となるため、発言するだけで即座にバブル内のメンバーと会話できる。バブルにいないメンバーも話せる状態かどうかをアイコンで表示して、気兼ねすることなく、ワンクリックで話しかけられると説明。メンバーとの会話は、映像に加えて、資料の画面共有も可能だ。

開発中のNeWorkの画面(出典:NTT Com) 開発中のNeWorkの画面(出典:NTT Com)
※クリックすると拡大画像が見られます

 同じバブルに入っていれば、マイクに向かって話すだけで全員に伝わる。ウェブ会議のようにURLを発行して共有したり、招待メールを探したりするなどの事前の準備は必要ないと説明。大人数のウェブ会議にありがちな、話す人と聞く人に別れたコミュニケーションではなく。少人数でワイワイガヤガヤ、活発に意見を交わすコミュニケーションに向いているという。

 興味のあるバブルを見つけたら、クリックするだけで簡単に会話の輪に加われるとしている。

 NeWorkでの状態は、オープン、ワーク、ゾーンという3つのモードに切り替えられる。モードを変更し忘れないようにスピーカーとマイクのオン/オフと連動して自動で確実にモードを変更できるという。

 オープンは「自分の声=オン、相手の声=オン」の状態になり、いつでも会話可能。ワークは「自分の声=ミュート、相手の声=オン」であり、話しかけられたら会話できる“耳だけ参加”の状態。ゾーンは「自分の声=ミュート、相手の声=ミュート」で会話できない状態であり、作業に集中したいときに使う。

 「1分もかからないけど、みんなに意見を聞きたい」「自宅で作業しているときの孤独感を解消したい」といったニーズに対応すると説明。ワークスペースやバブルを実際の職場になぞらえて設定すれば、オンラインでもオフィスのように話しやすい環境を再現できるという。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]