人事・労務

人事部門のアジャイル手法導入--検討すべき3つの戦略

ガートナーが先ごろ発表した調査によると、人事(HR)リーダーの63%は人事業務で何らかのアジャイル手法および原則をすでに使用していると答えたという。

 アジャイル手法が支持を得ていることは明らかだ。Gartnerが先ごろ発表した調査報告書「The Agile HR Function」によると、調査対象の253人の人事(HR)リーダーのうち、63%は人事業務で何らかのアジャイル手法および原則をすでに使用していると答えたという。その一方で、人事リーダーの78%は、明確な戦略を策定しておらず、準備もしていないことを認めた。彼らには、アジャイル戦略の適用方法の指針となる成果がない。

 さまざまな業界で、ビジネスリーダーはアジャイル方式のプロジェクト管理手法の新たな適用方法を常に探している。アジャイル手法は、ソフトウェア設計に起源があるからという理由だけで支持されているのではない。組織の成果を向上させるツールとしても求められている。人事リーダーの74%は自らの組織で「広範な『アジャイル変革』が進められている」と述べており、約4分の3は優先順位の明確化と目標達成のためにアジャイル手法を人事部門に導入することの重要性を確信している。

 報告書によると、アジャイル手法については、顧客に適切な製品とサポートを迅速に提供するさまざまな価値の集合体とみなすべきだという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2524文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]