データベース データ分析 クニエ

デジタル時代に求められるデータマネジメント--ビジネス活用で何が必要

企業のデジタル化が進むなか、データの価値を引き出すための“データマネジメント”の必要性が向上しつつあるが、実際にはどう考えればいいのだろうか。クニエでデータマネジメント/データガバナンスを担当する小林氏が解説する。

はじめに

 新型コロナウイルス感染症拡大などによる外部環境の急激な変化、ビジネスのグローバル化、新興国の台頭、顧客ニーズの多様化など、企業を取り巻くビジネス環境が目まぐるしく変化している。抜本的なビジネス改革が求められる中、社会的、技術的にデジタルへの注目が集まっている。各企業のデジタル化によるビジネス改革は不可避となりつつある。

 「モノのサービス化」、「意思決定の迅速化」、「業務改革」など、競争力を強化するためのデジタル化はさまざまだが、それらの新たに生み出されるデータと既存システムに散在するデータをつなぎ、体系的に価値を引き出してビジネス価値に変換するという取り組みが“データマネジメント”だ。

 いかに利用価値の高いデータを維持、管理、提供できるかが、競合と差別化を図る最も重要な要素となる現在、データマネジメントはデジタル改革の成否を決めると言っても過言ではない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2529文字 ログインして続きを読んでください。

「データベース」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]