OCR AI・機械学習

住友倉庫、通関業務のインボイスなどの読み取りにAI OCR採用--90分を30分に

住友倉庫が、複雑な形式の帳票が読み込める“AI OCR”「AIスキャンロボ」を採用。通関業務に活用し、約90分かかっていた業務を30分に削減している。

 物流事業を営む住友倉庫(大阪市北区、単体従業員数791人)は、人工知能(AI)を活用する光学文字認識(OCR)サービス「AIスキャンロボ」を採用。通関業務に活用し、約90分かかっていた業務を30分に削減したという。8月6日、サービスを開発するネットスマイル(文京区)が発表した。

 荷主に代行して実施する通関業務は、申告、検査に活用するインボイスなど多種多様な帳票を活用。荷主ごとのフォーマットがある一方で提出のレギュレーションは固定されており、PDFをプリントアウト、紙を見ながらチェックするという紙媒体ベースの作業が発生。OCR導入を検討するも、多用で複雑な帳票を一つずつ設定する必要があり、時間とコスト面で見合わなかったとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「OCR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]