オフィスソフト

OutlookからMicrosoft Formsの利用が容易に--「Microsoft 365」更新動向【2007版】

Outlookにはアンケートや投票を行う機能が加わった。新規メール作成時に投票ウィンドウを有効にして、質問内容と複数の選択肢を用意することで、受信者はメールもしくはウェブ経由で投票できる。

 Microsoftが米国時間7月30日に更新した、Microsoft 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2007(ビルド 13029.20308)へ更新したWindowsデスクトップ版は、Word、Excel、PowerPointに秘密度ラベルの推奨もしくは自動適用機能を追加した。ドキュメントの内容が機密コンテンツに類するかアプリケーションが検出し、秘密度ラベルを付与する。

 また、WordはSVG形式の地図やチャートなどを扱う際、テキスト情報を保持するようになった。具体的にはタグの属性サポートを強化している。Excelは外部データソースとしてPDFファイルをサポートした。Power QueryエディターがPDF形式をサポートすることで、データをインポート、更新できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1787文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]