開発ツール

「Python」アプリを作ってみる--基本的なコードの作成と実行

「Python」はとても習得しやすく、プログラミング初心者によく選ばれる言語だ。ここでは、入力内容をファイルに保存する簡単なPythonアプリケーションの作成方法を紹介する。

 「Python」は、オープンソースのインタープリター型高水準プログラミング言語であり、幅広い開発用途に使われている。多くの言語と異なり、コンパイラーが必要ないため、非常に効率的に作業を進められる。コードを記述して、コマンドラインから直接実行可能だ。

 しかし、Pythonの高効率の要因は、コンパイラーに依存しないことだけではない。Pythonでは、コードのデバッグが非常に簡単だ。Pythonアプリの実行時に、インタープリターがコードのエラーに遭遇すると、何が問題なのかが行ごとに非常に明確に示される。そのため、Pythonは学習しやすい言語の1つであり、多くのプログラミング初心者が最初にPythonを選んでいる。

 本記事では、Pythonの仕組みを分かりやすく解説するために、ユーザーからの入力を受け取って、その入力をファイルに保存するアプリケーションを作成する。これから作成するのは、ソフトウェアライセンスを保存する簡単なコマンドラインアプリケーションだ。

 Linuxディストリビューションの「Pop!_OS」を使って説明するが、この手順はPythonをサポートするすべてのプラットフォームで実行できるはずだ。

必要なもの

 これを機能させるには、「Python 3」をサポートするOSが必要だ。以下では、Python 3をLinuxにインストールする方法を説明する。別のOSを使用している場合は、そのプラットフォームに合わせてインストール手順を変更する必要がある。

Python 3のインストール方法

 「Python 2」は、米国時間2020年1月1日をもって正式にサポートが終了した。Python 2をインストールすることもできるが、一部の機能はPython 3との下位互換性がないため、必ずPython 3をインストールしよう。

 まず、最新バージョンのPythonをインストールしなければならない。これを行うには、Linuxマシンでターミナルウィンドウを開いて、以下のコマンドを実行する。

sudo apt-get install python3 -y

 Red Hatベースのディストリビューションを使用している場合は、以下のコマンドを実行する。

sudo dnf install python3 -y

 「macOS」または「Windows」を使っている場合は、自分のプラットフォームに必要なインストーラーをPythonの公式ダウンロードページからダウンロードする。

 インストールが正常に完了したことを確認するには、以下のコマンドを実行する。

python3 --version

 Pythonのバージョン番号が表示されるはずだ(図A)。

図A

「Python 3.8.2」がPop!_OS Linuxにインストールされている。
「Python 3.8.2」がPop!_OS Linuxにインストールされている。

初めてのPythonアプリを作成する方法

 では早速、初めてのアプリ作成に取り掛かろう。先述のように、「Software Title」(ソフトウェアタイトル)と「Software License」(ソフトウェアライセンス)という形式でユーザー入力を受け取るアプリを作成する。その入力が書き込まれるのは、licenses.txtという名前のファイルだ。

 最初に、Pythonプロジェクトを格納する新しいディレクトリーを作成する。以下のコマンドを実行しよう。

mkdir ~/PYTHON

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]