人事・労務

在宅勤務経験の7割、オフィスに--感染者増加で51%が「不快」

新型コロナウイルスの流行以前にオフィスで働いていた人の7割以上が一時的に在宅勤務を経験した後にオフィスに戻っているが、オフィスに戻って快適に働いているのは8%に過ぎず、半数以上が不安を抱えているという。

 クアルトリクスは7月30日、新型コロナウイルスの流行以前にオフィスで働いていた男女500人を対象にした「Return to Work & Back to Business Study」調査の結果を発表した。オフィスに戻りビジネスを再開した人々がどのように感じているかを調査した。

 7割以上が一時的に在宅勤務を経験した後にオフィスでの勤務に戻ったことが明らかになっている。しかし、オフィスに戻って快適に働いているのは8%に過ぎず、半数以上が不安を抱えていることが判明している。

Q2:職場に戻って快適ですか?(出典:クアルトリクス) Q2:職場に戻って快適ですか?(出典:クアルトリクス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 7月2~13日に調査した。有効回答数は501。クアルトリクス EXソリューションストラテジー ディレクター市川幹人氏は以下のようにコメントしている。

 「日本における新型コロナウイルス感染者数は、7月中旬頃から拡大傾向を強めています。前月から出勤を再開させる企業が増えていた中での感染拡大ですので、当然不安を感じる従業員は少なくありません。それでも職場に戻る理由をみると、金銭的な必要性、仕事やポストの維持、会社や同僚からのプレッシャーなど、やむを得ずの選択が多いことが確認されます」

 「一方、職場での不安感は、会社による衛生面での対応で解消されるものが散見されます。もちろん、出勤する従業員の間でも互いに衛生面で配慮することが不可欠です。今後は、7月下旬以降、再び在宅勤務に戻す企業の増加が予想されることからも、状況に応じて働く場所と時間を従業員が柔軟に選択できるようにしつつ、生産性の高い仕事を実現する環境づくりが重要と考えられます」

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]