セキュリティ セキュアワークス

脅威を「見られない」「見えない」「見ていない」--セキュアワークスが示した課題

攻撃手法が変化するとともに、さまざまなセキュリティの事件や事故も起きている。一番重要なのは企業が脅威を「見られない」「見えない」「見ていない」ことだという。セキュアワークスが明らかにした。

 現在、さまざまなセキュリティ事故が発生し、攻撃手法も変化しているが、セキュリティベンダーのセキュアワークス(川崎市幸区)が一番重要だと考えているのは、企業が脅威を「見られない」「見えない」「見ていない」ことだという。7月28日、日本のセキュリティ市場動向と同社の重点ソリューションに関する説明会で述べた。

 同社でマーケティング事業本部事業本部長を務める古川勝也氏は、「攻撃者の視点からすると、顧客が見られてない、見えてないといったところから侵入をして、最終的なゴールを達成するという動きになる。そのため、この部分を重点的に解消していくことが我々の役目」と語る。

 そのため、同社の注力ポイントとしては、「見える化」の強化があるという。つまり、脅威を「可視化して、隅々まで何が起きているかを見えるようにして、それを収集し、適切に対応する」ことになるが、「可視化をするというところがなかなか上手できていない」と古川氏は述べる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2202文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]