デスクトップ仮想化 AWS サーバーワークス

横河電機、VDI「Amazon WorkSpaces」を1カ月で1000台導入--サーバーワークスが支援

横河電機が新型コロナウイルス感染症対策の一環でテレワーク環境を拡充。1カ月弱で1000台のVDIサービス「Amazon WorkSpaces」の環境を構築、活用している。

 制御、計測分野などで事業を展開する横河電機(武蔵野市、従業員数約1万8000人)は、テレワーク環境を拡充すべくクラウド型仮想デスクトップ基盤(VDI)サービス「Amazon WorkSpaces」の導入を拡張。1カ月弱で1000台以上、計1400台を活用しているという。7月28日、構築を支援したサーバーワークス(新宿区)が発表した。

 従来から働き方改革推進の一環としてテレワークを推進し、Amazon WorkSpacesとは別のVDIを活用。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、テレワーク実施者が増加。VDIリソース不足の懸念に加え、デスクトップPCユーザーも多かったという。代替手段が必要だったとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「デスクトップ仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]