オフィスソフト

「Excel」の累計を応用--収支計算シートで1日ごとの取引金額の累計を求める

「Excel」で条件付きの累計を使う方法を紹介する。収支計算のシートで、1日ごとの取引金額の累計を求めるケースを例に、使用する数式や、重要なセルを目立たせる書式設定などについて説明する。

 以前の記事「『Excel』で1日ごとの残高小計を計算--IF()関数と条件付き書式を利用」では、簡単な数式、関数、条件付き書式を使って、収支計算シートに1日ごとの残高を表示できるようにした。その表からは多くの情報を得られるし、作成にそれほど手間はかからない。

 今回の記事で解説するのは同様の問題、すなわち条件付きの累計だ。収支計算シートでは累計もよく使用される。最初に、簡単なシートを作成して累計を追加する。次に、条件を追加して複雑にしていく。難解に思えるかもしれないが、それほど複雑ではないので安心してほしい。

 筆者は64ビット版「Windows 10」システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業しやすいように、ダウンロード可能なデモ用の.xlsxファイルを用意した。本記事で紹介する関数と数式はブラウザー版でも機能する。また、ここではMicrosoft Excelの基本的なスキルを習得済みという前提で説明を進める。

借方と貸方の基本的なスプレッドシートを作成する方法

 図Aの簡単なシートから説明を始めよう。それぞれの取引(行またはレコード)の合計が、E列に表示されている。これは以下の数式の結果だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2868文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]