経費精算・旅費精算 チャット グリー コンカー

グリー、経費精算クラウドにログインせずにチャットで承認--データ連携を活用

経費精算サービス「Concur Expense」を活用するグリーは、iPaaS「ActRecipe」採用。Concur Expenseにログインせずにビジネスチャット「Slack」で承認、差し戻しできるようになっている。

 ソーシャルゲーム開発などを事業とするグリー(港区、連結従業員数1702人)は、ビジネスチャット「Slack」と経費精算管理サービス「Concur Expense」を連携。Concur ExpenseにログインせずにSlackで承認、差し戻しできるようになっている。

 

 SlackとConcur Expenseの連携では、データ連携サービス(Integration Platform as a Service:iPaaS)「ActRecipe」を採用し、Slack用アプリケーション「ActRecipeBot」を活用している。ActRecipeを開発、提供するアスタリスト(港区)が7月22日に発表した。

 

活用イメージ(出典:アスタリスト)
活用イメージ(出典:アスタリスト)

 グリーは、2019年2月からConcur Expenseを全社で活用。業務オペレーションを更に効率化すべく採用したという。ActRecipeBotのファーストユーザーになると説明している。

 ActRecipeは、クラウドサービスを連携させ、データを統合、変換を自動化するサービス。

 財務会計領域のSaaS、FinTechなどに特化したSaaS間連携ワークフローを“レシピ”として準備。選択するだけで連携できるという。ウェブAPIを提供するクラウドサービスであれば、どのような組み合わせも実現できるとしている。

連携サービスイメージ(出典:アスタリスト)
連携サービスイメージ(出典:アスタリスト)

 月額利用料金は5万円から。プラン、接続先、従業員規模によって変動するという。

 

 承認者がConcur ExpenseにログインせずにSlackから承認、差し戻しができるActRecipeBotは、2020年3月から提供している。

ActRecipeBot活用イメージ(出典:アスタリスト)
ActRecipeBot活用イメージ(出典:アスタリスト)

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]