運用管理 アイ・ティ・アール

アプリケーションパフォーマンス管理市場、2024年度まで20%成長

ITRが国内APM市場の規模と予測を発表。2020年度の成長率は28.1%で、2024年度までのCAGRは20.2%。SIベンダーがシステム開発段階のパフォーマンスチェックに導入するケースも拡大している。

 アイ・ティ・アール(ITR)は7月21日、国内アプリケーションパフォーマンス管理(Application performance management:APM)市場の規模と予測を発表した。2019年度の売上金額は前年度の22.0%増の53億7000万円。2020年度も需要は高まり、2019年度を上回る28.1%増の成長を見込むという。

 APMは、エージェントによるレスポンスタイムの測定などでアプリケーションやITサービスのパフォーマンスを測定、管理、最適化する製品、サービス。

 さまざまな業務がオンラインに移行し、システムのトランザクションが大幅に増加、複雑化。アプリケーションのパフォーマンス管理が重要な課題となっているという。

 エージェントによるレスポンスタイムの測定などでアプリケーションやITサービスのパフォーマンスを測定、管理、最適化するAPMツールだが、近年はSIベンダーがシステム開発段階のパフォーマンスチェックに導入するケースも拡大。

 2019~2024年度の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)を20.2%と予測している。

 提供形態別では、2019年度のパッケージが11.5%増、SaaSが166.7%増。2020年度以降もSaaSを採用する企業が増加し、2024年度にはAPM市場全体の3割強を占めるという。

2018~2024年度のAMP市場規模推移および予測(出典:ITR) 2018~2024年度のAMP市場規模推移および予測(出典:ITR)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ITRで取締役、リサーチ統括ディレクター、プリンシパル・アナリストを務める金谷敏尊氏は、「APMは、ネットバンキングやEコマースなど、エンドツーエンドでの高いサービスレベルを要求されるシステムで活用が進んだ。昨今はDXニーズが高まり、銀行や小売り、通信以外の業種でもB2C向けシステムへの導入の機運が増し、市場の裾野が広がる傾向にある」とコメントしている。

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]