クラウドサービス

「G Suite」の刷新--「Gmail」にコミュニケーションを集約

グーグルが「G Suite」の刷新を明らかにした。電子メール、チャット、ビデオ会議が集約されることになる。

 「G Suite」の新しいアップデートは、Googleの既存のコラボレーションツールの多くを「Gmail」のインターフェースに統合することで、Gmailを「home for work」(作業用のホーム)に変える、と同社関係者は述べた。

 G Suite担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのJavier Soltero氏によると、このアップデートは、新型コロナウイルス(COVID-19)対策の自宅待機命令の影響を受ける企業が新たな仕事の現実に適応できるように支援する上で、必要なものだという。Soltero氏はアップデートを説明するブログ投稿で、「バーチャル会議、リモートコラボレーション、フレックスタイム制。これらの新しい働き方がすでに定着したことが明白になりつつある」と述べている。

 Gmailに統合されたワークスペースには、Soltero氏がコミュニケーションの3つの中心的な柱と呼ぶ電子メールとチャット、ビデオ会議が集約されている。同氏によると、これらのツールのGmailインターフェースへの統合は、新しいコラボレーションツールの使い方を学習する必要をなくして、「すでに使用しているツールをさらに有益なものにし、統合された直観的な方法で共同作業できる」ようにするための手段だという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1325文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]