電子署名 帳票管理 アイ・ティ・アール

国内電子契約市場、急成長が継続--40%成長で2023年度には200億円へ

ITRが2023年度までの国内電子契約サービス市場予測を発表。導入企業、参入ベンダーの増加、テレワークの推進や事業継続といった観点から急成長している。

 アイ・ティ・アール(ITR)は7月16日、国内電子契約サービス市場の規模と予測を発表した。2018年度の売上金額は前年度の83.5%増の36億7000万円。導入企業、参入ベンダーの増加で急成長し、2019年度も70.0%増と成長が継続するという。

 電子契約は、書面契約と異なり契約書の印刷、押印、封入、郵送などが不要。業務効率化、郵送代削減などへの期待から注目が集まっているという。2020年6月には内閣府、法務省、経済産業省がテレワーク推進のため契約書への押印不要の見解を示している。

 新型コロナウイルス感染症対策として、書面での契約業務のために出社が必要な状況の改善、テレワークで契約できる環境整備を進める企業が増加。

 パンデミック、自然災害発生を想定した事業継続の観点からも有効で、書面と印鑑を廃止、電子契約を導入する企業が急増すると予測。2018~2023年度の年平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)は40.1%、2023年度に200億円に迫るという。

 ITR シニア・アナリストの三浦竜樹氏は、「ITRが2020年4月24~27日に実施した『コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査』では、コロナを機に『社外取引文書(契約書など)の電子化対象拡大』を実施予定と回答した企業が36%に上り、新規導入企業が増加する。また、電子契約サービスの多くは契約書の枚数ベースでの課金となり、導入企業の投資拡大も見込んでいる。コロナ第2波への準備、政府の法整備が進むことで電子化される契約書はさらに拡大し、スピードも今まで以上に加速する」とコメントしている。

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]