セキュリティ

「Microsoft Cloud App Security」--セキュリティ強化と生産性向上を両立

在宅勤務の拡大に伴い、未承認のクラウドアプリの使用が増加している。「Microsoft Cloud App Security」を利用すれば、こうしたシャドーITアプリの使用を防ぐだけでなく、従業員体験の向上を図ることができる。

 COVID-19の影響で非常に多くの人が在宅勤務に移ったことで、クラウドアプリケーションが接続状態の維持と職務遂行の手段になった。こうしたアプリには「Microsoft Teams」や「Office 365」、Salesforce、「Zoom」、仮想デスクトップなどがあるが、聞いたこともないようなアプリを従業員が見つけてきて、使い始めることもある。クラウドアプリの利用拡大によってシャドーITというセキュリティ上の懸念が生じる可能性は、オフィス勤務のころより高まっている。企業データへのアクセスの設定方法によっては、自宅のインターネット帯域幅に影響が及ぶ可能性がある。

 「Microsoft Cloud App Security」(MCAS)のクラウドアプリ検出ツールは、SaaS、IaaS、PaaSのリソースを扱うため、通常はシャドーITを制御する手段とみなされている。しかし、誰かが仕事に使っているサービスを単純にブロックしても、そのユーザーは別のサービスを試すだけだろう。MCASを利用して使用中のアプリを評価し、許容可能なアプリに関するポリシーを設定して、従業員に代替アプリを教える方が、アプローチとして優れている。「Microsoft Endpoint Manager」などの他のツールと組み合わせることで、IT部門はセキュリティだけでなく生産性にも配慮し、データの保護を強化するとともに従業員の体験を向上させることができる。

 これは、Microsoftのサイバーセキュリティ担当コーポレートバイスプレジデント(CVP)のAnn Johnson氏がデジタル共感と呼ぶアプローチであり、強力なセキュリティと優れたユーザー体験を両立させるものだ。

 Forresterの新しいレポート「The Total Economic Impact Of Microsoft Cloud App Security」によると、MCASは3カ月で投資を回収でき、ITチームが全く認識していないクラウドアプリがどれだけ使われているかを解明できるという。MCASは、ファイアウォール、安全なウェブゲートウェイ、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)ソリューションのログ、コネクター、IDおよびアクセス管理ツールとのリバースプロクシ統合を使用して、調査対象の全4組織で使用されているクラウドアプリを5000種類以上検出した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2496文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]