PaaS DWH

Google Cloud「BigQuery Omni」--AWSやAzureのデータでも移動せず活用

Google Cloudは米国時間7月14日、オンラインで開催された「Google Cloud Next '20」イベントで「BigQuery Omni」を発表した。

 Google Cloudは米国時間7月14日、オンラインで開催された「Google Cloud Next '20」イベントで「BigQuery Omni」を発表した。プレスリリースによると、このマルチクラウド分析ソリューションにより、Google Cloudや「Amazon Web Services(AWS)」、「Azure」に保存されたすべてのデータを対象にBigQueryを使用することが可能になるという。

 Google Cloudのゼネラルマネージャー兼エンジニアリング担当バイスプレジデントのDebanjan Saha氏はリリースの中で、「当社の顧客にとって、データはもはや家の中の1つの部屋ではなく、土台である。しかし、さまざまなクラウド間でデータを移動する作業は、手間も費用もかかる」と述べた。

 「BigQuery Omniでは、ユーザーはマルチクラウド分析ソリューションを使用して、1つの統合された体験で、重要なデータインサイトを得ることができる」とSaha氏は述べる。「アクセスを民主化して、顧客がどのクラウドプロバイダーと契約しているかに関係なく最適なテクノロジーを利用できるようにするため、われわれはマルチクラウドへの投資を続けている」(同氏)

 BigQueryは、Googleのサーバーレス・クラウド・データ・ウェアハウスであり、ペタバイト規模のデータを分析して、アナリティクスを実行し、ビジネスに役立つ洞察を生み出すことができる。この最新のソリューションが発表される前は、BigQueryを実行したければ、ユーザーのデータをGoogle Cloudに保存しておく必要があった。

 しかし、リリースによれば、BigQuery Omniを使用すると、クラウド間でデータを移動したり、コピーしたりすることなく、複数のパブリッククラウドをまたいでデータをクエリできるという。

 パブリッククラウドの使用が拡大していることを考えると、この機能は特に重要だ。パブリッククラウドの採用に関するGartnerの先頃の調査では、回答者の80%以上が複数のクラウドサービスプロバイダーを利用していると述べた。

 「451 Researchの『Voice of the Enterprise Data & Analytics, Data Platforms 1H20』調査では、新しいデータプラットフォームを選定する際、複数のクラウド/データセンター環境で同じデータベースを実行できることは重要な判断材料になる、と回答者の85%が述べた」と451 Researchのデータ、人工知能(AI)、および分析のリサーチディレクターであるMatt Aslett氏はリリースの中で語っている。

 「ハイブリッドとマルチクラウドの採用が普通のことになったので、企業は、一貫した体験を提供して、複数のクラウドの使用に伴う複雑さを軽減し、なおかつ既存のインフラストラクチャーへの投資を継続的に使用することも可能にするデータ製品をますます求めるようになっている」(Aslett氏)

BigQuery Omniの仕組み

 「Anthos」を活用するBigQuery Omniを使えば、基盤となるインフラストラクチャーを管理する手間をかけずにデータをクエリできる。リリースによれば、Anthosは、ハイブリッドおよびマルチクラウドアプリケーションプラットフォームであり、クラウド環境とオンプレミス環境の円滑な運用と一貫した開発を促進し、なおかつパブリッククラウド間の安全な接続も確保するという。

 企業にとって最大の障害の1つは、クラウドプロバイダー間でデータを移動するコストである、とSaha氏はブログ投稿で述べた。

 「BigQuery Omniは、複数のパブリッククラウドに保存されたデータを分析する新たな手段である。これが可能になったのは、BigQueryがコンピューティングとストレージを分離したからだ」とSaha氏はブログ投稿で述べ、「これら2つを分離することにより、BigQueryはGoogle Cloudやほかのパブリッククラウドに配置できるスケーラブルなストレージと、標準のSQLクエリを実行するステートレスで回復力のあるコンピューティングを提供する」と続けた。

 このツールを使用するには、BigQueryのUIをGoogle Cloudで起動して、データが配置されているパブリッククラウドリージョンを選択し、クエリを実行するだけでいい。ブログ投稿によると、データの再フォーマットや変換は不要で、BigQuery OmniはAvro、CSV、JSON、ORC、Parquetをサポートするという。

 BigQuery Omniは現在、AWS S3版がプライベートアルファとして提供されており、Azureのサポートもまもなく開始される予定だ。BigQuery Omniのテストに関心のある企業は、フォームに必要事項を記入して、手続きを開始するといい。

提供:Google Cloud
提供:Google Cloud

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]