人事・労務

ウィズコロナのオフィスデザイン--“脱・島型”で換気が重要、柔軟に配置

コロナ禍が収束するめどは立っていないが、在宅勤務の従業員もオフィスに戻りつつある。これからのオフィスにはどのような変化が求められるか。総合デザイン会社ROOM810(ルームハート)に話を聞いた。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による緊急事態宣言が解除されて1カ月以上が過ぎ、企業も自宅勤務させていた従業員をオフィスに戻しつつある。だが、その場合、企業にとって、いかにオフィスでの感染を予防し、従業員の安全を確保するかが大きな課題となる。

 このような課題をクリアするために様々なレベルで対応を考える必要がある。そのうち、従業員が1日の多くの時間を過ごすオフィスの環境は、どのような変化が求められるのか。ポストコロナ時代の新しいオフィスデザインについて提案している総合デザイン会社ROOM810(ルームハート。東京都荒川区)でインテリアデザインを手掛ける齋藤悠氏に話を聞いた。

--ウィズコロナ時代のオフィス環境として求められる条件とは何なのでしょう。

 まず、レイアウトの部分で考えているのは、これまでの日本にありがちな島型のデスクレイアウトについて“脱・島型”ということで、なるべくデスクを付け合わせないようにすることです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3467文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]