ウェブ会議 チャット

「Microsoft Teams」で会議を開催して参加者を招待するには

マイクロソフトのコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」で会議を開始し、参加者を招待する手順を紹介する。

 セキュリティ上の問題が原因で「Zoom」が支持を失って以来、「Microsoft Teams」はZoomに対する競争力を強化している。だが、Microsoft Teamsは単なるビデオ会議アプリでは決してない。チャットやWiki、VoIP、アプリ統合など、さまざまなツールを備えた本格的なコラボレーションプラットフォームである。このように多種多様な機能があるので、リモートワーカーが必要とする最も基本的なツールの一部が、明白でも直観的でもない何層ものボタンやメニューの中に埋もれてしまっている。

 無料バージョンのMicrosoft Teamsで会議(通話ではない。Teamsの通話はSkype通話に似ている)を開始して参加者を招待する方法が分からなくて戸惑っている人には、本記事で紹介する手順が役に立つはずだ。注:Microsoft Teamsの無料プランでは、会議のスケジュールを設定することはできないので、本記事ではこの機能は解説しない。有料バージョンのTeamsで予約のスケジュールを設定する方法を詳しく知りたい人は、こちらのMicrosoftヘルプページを参照してほしい

 最初に、Microsoft Teamsが開いており、自分に会議を開始する権限があることを確認してほしい。Microsoft Teamsを開いたら、「Teams」(チーム)タブの「Posts」(投稿)画面に移動する。ウィンドウ下部のテキスト入力フィールドの近くにあるカメラアイコンを探す(図A)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1145文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]