人事・労務 マーケティング

LIXIL、従業員と顧客のエクスペリエンス向上でクラウド型データ分析活用

LIXILグループはクラウド型“エクスペリエンス”データ分析基盤を採用。従来は外部の調査会社を活用していた。国内従業員2万4000人を対象にした在宅勤務に関する調査では、従業員の声を約2週間で収集できたという。

 LIXILグループ(江東区、連結従業員数7万4598人)はクラウド型“体験(エクスペリエンス)”データ分析基盤「Qualtrics Experience Management Platform」を採用した。製品を提供するクアルトリクスが7月7日に発表した。

 LIXILグループは、水回りや住宅用建材などの製品をINAXやGROHE、American Standard、TOSTEMなどのブランドをグローバルで展開。世界150カ国で事業を展開しており、連結従業員数は7万4598人(2020年3月末)。

 同社グループは、従来から社内コミュニケーションの活性化やエンドユーザーとの接点強化を図る取り組みの一環として、デジタルツールの活用を推進してきたという。今回、従業員やエンドユーザーの声を包括的に収集、分析し、一元管理することで従業員エンゲージメントの向上や顧客志向の徹底を図ることを目指すとしている。

 採用したのは、従業員エクスペリエンスを分析するための「Qualtrics EmployeeXM」と顧客エクスペリエンスを分析するための「Qualtrics CustomerXM」。Experience Management Platformで一括管理する。

 2012年度からグローバルな従業員を対象とした従業員の意識を継続的に調査してきているが、外部の調査会社による従来の手法では、時間とコストの面で課題があり、リアルタイムで従業員のニーズを把握することが困難と説明。EmployeeXMを活用することで設問の設定からサーベイの配布と進捗管理、結果分析という一連のプロセスを自社で完結できるようになると説明。調査の自由度が高まっただけでなく、かかる時間も約3カ月から約2週間に短縮するなど業務効率の改善につながったと解説している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約898文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]