名刺管理 Sansan

経産省、名刺管理「Sansan」を正式採用--“オンライン名刺”も活用

経済産業省が名刺管理サービス「Sansan」を正式採用。検証の結果、生産性やパフォーマンス向上が見られたという。職員約4000人で「オンライン名刺」も活用する。

 経済産業省が、2019年から複数部局で試験導入していた名刺管理サービス「Sansan」を正式採用。「現場」に即した政策を立案、実行すべく、つながりを省内で共有、効果的に活用できるかを検証し、生産性やパフォーマンス向上が見られたという。7月7日、サービスを提供するSansan(渋谷区)が発表した。

 名刺のデジタル化で整理時間を削減。時間、場所を選ばずに他職員が持つ名刺にアクセス、企業情報、コンタクト履歴が確認できるという。確認時間削減に加えて人脈を可視化し、情報共有が活性化したと説明。

 名刺交換した人、企業に関するニュースをSansan上で表示できるため、企業、業界の最新情報を効率的に把握。業務効率化、省内外での情報交換や意見交換機会の創出にもつながるという。

 Sansanが6月16日に発表、拡充した「オンライン名刺」機能も職員約4000人で活用。名刺とは別にSansan上でデジタル名刺を発行、付与し、オンライン上で相手に送付できるため、企業のデジタル化の入り口となり得るという。地方と都市部との物理的な距離を縮め、地方経済活性化としても期待できるとしている。

 オンライン名刺機能は、Sansan画面上からリンクの生成が可能。自分の氏名、メールアドレス、社名、肩書、登録済のプロフィール写真データなどを送付できるという。

オンライン名刺機能のイメージ(出典:Sansan)
オンライン名刺機能のイメージ(出典:Sansan)

 受領相手がSansanユーザーの場合、Sansanへのインポート、送り返しなどが可能。非ユーザーの場合、vCard形式や名刺の画像として活用できる。

「名刺管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]