人事・労務

増加する雇用プロセスのリモート化--人材を安全かつ効率的に採用するには

現在、面接と雇用プロセスがリモートで行われるようになってきている。ここでは、そのような状況下において人材を適切に採用するためのヒントを紹介する。

 これまで普通だった私たちの働き方とビジネスのやり方が一変した。それは、人材の採用方法にも及んでいる。パンデミックと高い失業率もあるが、面接と雇用プロセスがリモートで行われるようになった。

 バックグラウンドスクリーニング(背景調査)を手がけるSterlingでゼネラルマネージャーを務めるKen Schnee氏は、「世界がこの危機から回復し、再興し始めたら、雇用も増加するだろう」と述べた。ソーシャルディスタンシングの実践が今も義務づけられている中で、雇用を増やす最も安全な方法はリモート雇用であり、リモートでも、安全かつ効率的に人材を雇用することが可能である、とSchnee氏は話す。リモート雇用プロセスでも、強力な応募者体験を維持することが重要だ。

 「現在、雇用プロセスの最前線で使われている高度なテクノロジーのおかげで、企業はリモート環境でも通常と同じくらい円滑に応募者の面接を進めることができる」とSchnee氏は述べ、「したがって、どうすれば雇用プロセスで応募者の人物像をしっかり把握して効率性を高め、なおかつ応募者の身元や経歴を確実に検証することができるのか、ということが問題になる」と続ける。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2535文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]