OS

「macOS Big Sur」入門--バージョン11に到達したアップルの新デスクトップOS

「macOS Big Sur」はアップルの次期デスクトップOSだ。バージョン番号が「10.x」からついに「11」となった。同OSの新機能、既存機能のアップデート、対応ハードウェア、代替OSなどを紹介する。

 Appleの「OS X」(「macOS 10.x」)は、人気の高い安定したOSシリーズであり、その後継OSの登場が長くうわさされていたが、2020年の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)において、ついにその新OSが発表された。全世界の開発者を対象とするこの年次会議は、例年はカリフォルニア州で1週間にわたって開催されるが、WWDC 2020は初めてオンラインのみでの開催となり、一般に公開された。

 WWDC 2020における最大の発表は、少なくともデスクトップユーザーにとっては「macOS Big Sur」だ。由緒あるOS X/macOS 10.xのコードが、ついに新しい11.0ベースへと移行する。米国時間2020年6月22日に発表されたmacOSの新バージョンでは、バージョン番号が変わっただけでなく、Appleの象徴的な機能が多数再設計され、既存アプリケーションにユーザビリティー面でいくつものアップデートがあり、驚くような新機能もいくつか提供される。

 この入門記事は、macOS Big Surに関して現時点で判明している最新情報を詳しく紹介する。

どんなものなのか

 macOS Big Surは、Appleのデスクトップ/ノートブックコンピューターラインアップ向けOSの最新バージョンだ。macOSという名称は引き続き採用されているが、15年以上ぶりのメジャーバージョンの変更であり、10.xから11.xへと正式に移行した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5017文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]