クラウドサービス

クラウド支出が増加--新型コロナウイルスの影響を受け

IDCのレポートによると、2020年第1四半期においてクラウドへの支出が2.2%増加し、非クラウドインフラストラクチャーへの支出が16.3%減少したという。

 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受けて、在宅勤務の新時代が到来した。そのため、組織は、ビデオ会議やクラウドプラットフォームなどのツールを使用するバーチャルな共同作業を中心とする従業員をサポートするテクノロジーを利用するようになった。COVID-19の感染が拡大し続ける中で、これらのテクノロジー機能は間違いなく今後も「新しい標準的な」職場に欠かせないものであり続けるだろう。

 International Data Corporation(IDC)が公開した「Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker」レポートの新しいデータは、2020年第1四半期のパブリックおよびプライベートクラウド環境向けインフラストラクチャーへの支出(サーバー、エンタープライズストレージ、およびイーサネットスイッチへの支出を含む)について、詳しく紹介している。

 レポートの重要なポイントは、クラウドへの支出が(小幅とはいえ)全体的に増加(2.2%)し、非クラウドインフラストラクチャーへの支出が大幅に減少(16.3%)したことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約888文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]