クラウドストレージ Dropbox

「Dropbox」でコラボレーションを活性化させたディノス・セシール

総合通販事業を中心にさまざまな事業を展開するディノス・セシールは、社内外における関係者間での大容量のファイル共有や安全なリモートアクセスなどで「Dropbox」を活用。円滑なコミュニケーションやテレワークの推進などに役立てている。

 1970年代初頭に創業し、2013年に合併したディノス・セシール(中野区、単体従業員数1169人)は、「ディノス」「セシール」の2つのブランドを軸として、カタログやテレビ、インターネットなどによるファッションなどの総合通信販売を中心とした多様な事業を展開している。「モノがたりで、くらし、たのしく。」という企業ビジョンを掲げ、総合通販のパイオニアとしてカタログやECサイトなどの多様なチャネルを最大限に活用。顧客の多様なニーズやライフスタイルの実現をかなえる商品やサービスを届けることを目指している。

コミュニケーションの効率化のためITツール導入を推進

 折しも2020年春は、多くの企業が新型コロナウイルス感染症の予防としてテレワークを取り入れたが、ディノス・セシールではそれ以前からリモートワーク環境を整備していた。業務におけるコミュニケーション効率化などを念頭に置きながら、各種のITツールを導入。チャットツールとして「Chatwork」、プロジェクト管理では「Backlog」などを取り入れてきた。そうした取り組みの一環として導入したのが、ファイル共有、クラウドストレージ「Dropbox Business」である。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2832文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]