コンバージド・ハイパーコンバージド EMCジャパン デル株式会社(Storage)

ハイパーコンバージド「VxRail」強化、EPYCを搭載--エッジでの利用も視野

デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)製品「Dell EMC VxRail」についてハードウェアの追加とソフトウェアの強化を発表した。

 デルとEMCジャパンで構成されるデル・テクノロジーズは6月30日、同社ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)製品「Dell EMC VxRail」についてハードウェアの追加とソフトウェアの強化を発表した(2社は8月1日付けで統合予定)。

 VxRailは、VMwareとの共同で設計された業界唯一のHCIシステムであり、「VMwareが提供するソリューションを最大限に活用する」とデルで執行役員インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括製品本部 本部長を務める上原宏氏は述べる。

 導入後すぐの利用を可能にするターンキーエクスぺリエンス、ワンクリックでのさまざまなソフトウェアのアップグレードや高い保守性によるライフサイクル管理、フルスタック結合や高度な分析による強力な差別化を特徴としている。

 新たに発表された「VxRail Dシリーズ」は、スペースに限りがあるリモート環境や過酷な設置環境で高い耐久性を発揮できるように設計されている。第2世代「Intel Xeon Scalable Processor」を搭載する同製品は、1Uフォームファクターで奥行がVxRailシリーズ最小の20インチ(50.8cm)。耐熱性は-15度から45度までで、8時間以内であれば55度まで許容。耐久重力40Gという耐衝撃性を備え、最大標高1万5000フィート(約4500m)でのオペレーションをサポートする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2761文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]