人事・労務

多すぎるテクノロジーで注意散漫、生産性も低下--仕事場のIT最適化のススメ

今や仕事を進めるためにテクノロジーは欠かせないものとなっている。しかし、テクノロジーに囲まれた現在の仕事場は適切なものと言えるだろうか。注意散漫になってしまった現在の仕事場は最適化できるはずだ。

 コロナ禍で働き方が大きく変わり、さまざまな場所でテレワークのあり方が議論されています。多くの場合は仕事の生産性やコミュニケーションについて語られていますが、オフィスか自宅かにかかわらず企業と従業員の両者が求めているのは、安心して業務に集中できる環境ではないでしょうか?

 Microsoftの調査によれば、現代人の平均的な注意持続時間は、2000年の結果では12秒だったのが、現在では8秒になったと報告されています。

 それでは、私たちの注意を妨げるものとはなんでしょうか? それは、テクノロジーです。

 私たちは全員がテクノロジー中毒者です。私たちはテクノロジーを使用し、テクノロジーに依存し、テクノロジーが私たちのあらゆる気まぐれや願望に応え続けることを要求しています。テクノロジーは私たちの仕事を助けているのでしょうか? あるいは妨げているのでしょうか?

 現代の生活は便利さにあふれています。テクノロジーによってさまざまな重荷から解放された結果、どれぐらい仕事が減ったか考えてみてください。

 しかし、新しいテクノロジーによって負担が減っても、私たちは結局はその浮いた時間でより多くのことをするようになり、さらに忙しくなるのは興味深い事実です。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2129文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]