AI・機械学習 DWH 日本テラデータ

特約付帯率が約2.5倍--三井住友海上の代理店システムに見る機械学習の可能性

三井住友海上が運営している代理店向けシステム「MS1 Brain」は顧客情報や外部の企業情報などのデータを分析し、顧客需要の予測分析や代理店が次に取るべきアクションを提案する。

 MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険は代理店(募集人)向けシステム「MS1 Brain」を2020年2月から本格的に導入。顧客に関するあらゆる情報を収集、分析、活用する機能を搭載して、顧客と代理店、三井住友海上をビッグデータと人工知能(AI)で結ぶことで顧客のニーズを的確に把握して最適な商品やサービスを提供することを狙っている。

 MS1 Brainには、日本テラデータが提供するデータウェアハウス(DWH)基盤「Teradata Vantage」とdotDataが提供する「AutoML 2.0プラットフォーム」を活用、MS1 Brainで使用するAIモデルの開発速度は約10倍向上したという。

 日本テラデータとdotData Japanの協業を発表した6月26日のオンライン記者会見で発表された。dotDataは日本電気(NEC)から戦略的に“カーブアウト(事業を社外事業として独立)”してデータ分析自動化を提供している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2414文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]