オフィスソフト

「Excel」で1日ごとの残高小計を計算--IF()関数と条件付き書式を利用

「Excel」の収支計算シートで借方と貸方を記録し、各取引時点での合計残高を計算しているが、1日ごとの最終的な残高を確認するにはどうすればいいだろうか。簡単な数式と条件でこれを計算する方法を紹介する。

 小計は、多くの「Excel」スプレッドシートでよく使われている。通常は、単純な数式や関数による計算結果だ。たとえば、単純な収支計算シートで借方と貸方を追跡して、現在の残高を計算しているとしよう。これなら、単純な貸方と借方の数式で簡単に計算できる。だが、特に小計を使うわけではない。ここで困ったことに、上司から1日ごとの残高を確認したいと言われてしまった。これはもう少し手間がかかるが、数式に条件を追加すれば、簡単に計算できる。ここでの条件は日付だ。

 筆者は64ビット版「Windows 10」システムで「Microsoft 365」を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業しやすいように、ダウンロード可能なデモ用の.xlsxファイルを用意した。本記事で紹介する関数と数式はブラウザー版でも機能する。また、ここではMicrosoft Excelの基本的なスキルを習得済みという前提で説明を進める。

借方と貸方の基本的なスプレッドシート

 図Aの単純な収支計算シートを見てみよう。それぞれの取引(レコード)の合計があり、最後の取引が現在の合計を示している。この時点では、シートには以下の2つの単純な数式しかない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2143文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]