セキュリティ クラウドストレージ

Dropboxの新しいセキュリティ機能--パスワードマネージャーや自動バックアップ

Dropboxは、パスワードマネージャー「Dropbox Passwords」や自動バックアップ「Computer backup」といった新しいセキュリティ機能を発表した。

 「Dropbox」は、ユーザーが同ストレージサイトをワンストップショップのように利用できるようにするために、さまざまな新機能を発表した。それらの機能には、セキュリティを念頭に置いたものもあれば、ホームユーザーとビジネスユーザーが同サイトをより効果的に利用できるようにするためのものもある。

 セキュリティ面では、Dropboxは独自のパスワードマネージャーを追加した。「Dropbox Passwords」と呼ばれるこのアプリは、同社が「安全な場所」と呼ぶ場所にパスワードを保存し、ユーザーがウェブサイトやアプリにサインインする必要があるときに、それらのパスワードを自動で入力してくれる。保存したパスワードはゼロ知識暗号化で保護される。つまり、ユーザーだけがパスワードの解除に必要な鍵を持っている。

 Dropbox Passwordsは、「Windows」「Mac」「iOS」「Android」デバイスをサポートし、「Dropbox Plus」ユーザー向けのプライベートベータとして公開された。人々が強力で安全なパスワードの作成と維持に苦労する中で、Dropboxは「LastPass」や「1Password」「Dashlane」「Roboform」などのサードパーティーパスワードマネージャーに対抗するソリューションとして、この新機能を発表した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1670文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]