IoT ネットワーク セキュリティ Aruba Networks

エッジ向け基盤「Aruba ESP」--AIでネットワークの問題発生を予測して解決

HPE傘下のArubaはインテリジェントエッジ向けのクラウドネイティブなプラットフォーム「Aruba ESP」を発表した。多数のドメイン間を横断するデータ分析、SLA追跡、異常検出、自動最適化が可能になるという。

 Hewlett-Packard Enterprise傘下でネットワーク部門を担うArubaは6月18日、インテリジェントエッジ向けのクラウドネイティブなプラットフォーム「Aruba Edge Service Platform(ESP)」を発表した。

 Aruba ESPは、人工知能(AI)を搭載し、ネットワークに問題が生じる前に事象を予測し、自動的に解決する。そのため、ユーザーは「インテリジェントエッジ内で起きていることについて“第六感”を得られるようになる」とAruba共同創業者兼社長のKeerti Melkote氏が同社イベント「ATM Digital」の基調講演で述べた。

 Aruba ESPは(1)キャンパスLANやデータセンター(DC)LAN、無線LAN、SD-WAN、リモートアクセス(VPN)、IoTなどの一元運用管理を実現する統合インフラストラクチャー、(2)ゼロトラストネットワークセキュリティ、(3)AIを活用して運用の効率化を図るAIOps(Artificial intelligence for IT Operations)――という3つの要素で構成される。多数のドメイン間を横断するデータ分析、SLA追跡、異常検出、自動最適化を24時間365日継続するオールインワン型プラットフォームとなっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2035文字 ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]