開発ツール

「Windows Terminal」--正式版が登場したMSの新コマンドラインツール

マイクロソフトの新しいコマンドラインツール「Windows Terminal」の正式版がリリースされた。タブ機能を搭載し、起動オプションやフォントなど、さまざまな設定をカスタマイズすることができる。

 Microsoftは「Build 2019」イベントで「Windows Terminal」クライアントをオープンソース化した。筆者はシアトルのホテルの部屋で、「Visual Studio」を使って最初のリリースをコンパイルし、Windows用の最新ターミナルがどのようなものか確かめてみた。やはり、従来のターミナルクライアントとWindowsコマンドラインツール全体が、他の広く提供されているツールと比べて古くなっていた。それに加えて、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)の人気が高まり、開発者プラットフォームとしてのWindowsが新たに注目されるようになったことで、ターミナルの改善が不可欠になっていた。

 それから1年後、Windows Terminalはベータ段階を終えて、一般向けにリリースされた。正式版ではWindowsのコマンドライン体験が全面的に再設計されており、現代のターミナルクライアントに求められる機能をすべて搭載し、「PowerShell」やWSL向けに最適化されている。従来のWindowsコマンドラインと違ってカスタマイズが可能で、現代のPCグラフィックハードウェアを活用して透明化や背景画像を設定できるようになった。「Ubuntu」デスクトップのような外観のWSL向けターミナル、クラシカルな緑色や琥珀色の文字が表示されるターミナル、自分の好きな動く背景が表示されるターミナルを使ってみたいという人には、そのためのオプションがある。文字が緑色で表示される「VT220」ターミナルのブラウン管効果も利用可能で、わずかにぼやけた文字や走査線まで再現されている。

Windows Terminalの使用を開始する

 新しいWindows Terminalはタブ機能を備えたターミナルで、各タブはそれぞれ異なるプロファイルに関連付けられている。タブは更新のたびに自動的に配置され、PowerShell、従来のWindowsコマンドライン、Linux WSLインストール(「WSL 1」と「WSL 2」の両方)、「Azure Cloud Shell」コマンドラインをサポートする。プロファイルはJSON設定ファイルを使ってカスタマイズでき、「Visual Studio Code」など、自分の好きなテキストエディターで編集が可能だ。背景画像の設定もあり、アニメーションGIFを選択することもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3448文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]