開発ツール

「Windows Terminal」--正式版が登場したMSの新コマンドラインツール

マイクロソフトの新しいコマンドラインツール「Windows Terminal」の正式版がリリースされた。タブ機能を搭載し、起動オプションやフォントなど、さまざまな設定をカスタマイズすることができる。

 Microsoftは「Build 2019」イベントで「Windows Terminal」クライアントをオープンソース化した。筆者はシアトルのホテルの部屋で、「Visual Studio」を使って最初のリリースをコンパイルし、Windows用の最新ターミナルがどのようなものか確かめてみた。やはり、従来のターミナルクライアントとWindowsコマンドラインツール全体が、他の広く提供されているツールと比べて古くなっていた。それに加えて、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)の人気が高まり、開発者プラットフォームとしてのWindowsが新たに注目されるようになったことで、ターミナルの改善が不可欠になっていた。

 それから1年後、Windows Terminalはベータ段階を終えて、一般向けにリリースされた。正式版ではWindowsのコマンドライン体験が全面的に再設計されており、現代のターミナルクライアントに求められる機能をすべて搭載し、「PowerShell」やWSL向けに最適化されている。従来のWindowsコマンドラインと違ってカスタマイズが可能で、現代のPCグラフィックハードウェアを活用して透明化や背景画像を設定できるようになった。「Ubuntu」デスクトップのような外観のWSL向けターミナル、クラシカルな緑色や琥珀色の文字が表示されるターミナル、自分の好きな動く背景が表示されるターミナルを使ってみたいという人には、そのためのオプションがある。文字が緑色で表示される「VT220」ターミナルのブラウン管効果も利用可能で、わずかにぼやけた文字や走査線まで再現されている。

Windows Terminalの使用を開始する

 新しいWindows Terminalはタブ機能を備えたターミナルで、各タブはそれぞれ異なるプロファイルに関連付けられている。タブは更新のたびに自動的に配置され、PowerShell、従来のWindowsコマンドライン、Linux WSLインストール(「WSL 1」と「WSL 2」の両方)、「Azure Cloud Shell」コマンドラインをサポートする。プロファイルはJSON設定ファイルを使ってカスタマイズでき、「Visual Studio Code」など、自分の好きなテキストエディターで編集が可能だ。背景画像の設定もあり、アニメーションGIFを選択することもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3448文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]